戯れ言葉

ARTICLE PAGE

ビューワー ファイラー Win7

WinXP の時は画像ビューワとしてVix を使っていました。
Vix の便利なところは、ビューワやスライド機能のほかに、
画像ファイル以外のファイルも表示してくれて、ファイラーとしても使用できるところです。
他のビューワーソフトでは、画像に特化していて画像以外のファイルは処理の対象としない。
で、画像ファイル以外は表示もしない。という扱い方ですが、
私にとってはVix のすべてのファイルを表示してくれる方が、便利でした。
又ファイル名の変換機能が秀逸で、
20120211 01 Vix
んな かんじで 複数ファイルの名前を変更するのに
例えばTanngoRyokou1000 から 10 増で変更するなんてことができます。
ところがWin7 への乗り換えでVix がうまく機能してくれません。
画面の左欄に全体のホルダーを表示させているのですが、
マウスのセンターホイールでのスクロ-ルが動作してくれません。
何よりも、Vix 開発者のサイトが閉じられてまして、アップデートの対応を放棄されたようです。
で、色々探したのですが、と言うのは嘘で、

k本的に無料ソフト・フリーソフト
というサイトで見つけました。
いつもなにか便利なソフトがないか、探すときには一番に見に行くサイトです。
Win7 ではXnView が今のところ一番使い勝手がいいです。
ファイル名の一括変更でVix と同じように接頭文字+数値の連番が設定できます。
20120211 02 XnView
エクセルのファイルやpdf ファイルなどすべてのファイルを表示してくれます。
画像以外は当然、アイコンですが、テキストファイルは中身が表示されてます。
もっとも、サムネイル表示を小さくしているので読めませんが。
ただ
      問題点1 ホルダーのアイコン表示の時、中身の画像が表示されてしまい、
           秘密の中身が表示されるのはいやですねぇ。
      問題点2 Win7 の初期設定ではファイル名の変更ができません。
           コントロールパネル -> ユーザーアカウント -> ユーザーアカウント制御設定の変更
2013021103 useracount Cont
で、最低にするのですが、ん~っ せっかくのセキュリティをオフにするのは嫌ですねぇ。
この部分はファイルの移動とかいった時に出るめんどくさいメッセージを殺すのにも有効なのですが、
なんか、マンマシンインターフェイスの粗雑さが・・・・。
 同じカテゴリーの記事

0 Comments

Leave a comment コメントをどうぞ