戯れ言葉

TAG PAGE

tag: 鳥  1/7

ウグイス 2017 04 06

暖かくなってくると あちこちでウグイスの声を聞くことが出来ます。 まだまだ練習中なのか 良く知られているような鳴き声にはなってませんが。 そんなウグイスですが すぐそばの至近距離で鳴いているはずが なかなかお目にかかれません。 鳴いている河原で待っていると 何年かぶりにやっと飛び出してくるのに遭遇しました。 でもじっとしていなくて 付けていた600mmを一杯にズームできません。 その扁平な頭を久...

  •  2
  •  0

カワラヒワ 2017 04 04

カワラヒワを発見 水浴びの最中です。 移動したと思ったら もう一羽いました 羽繕いを始めました。 300mmにテレコンを付けてますが 小鳥にはやっぱ非力です。...

  •  0
  •  0

モズ・キジ・ホオジロ 淀川・三島江野草地区

三島江近くの淀川の河川敷 木々が伐採され、葦も刈られた場所があります こんな看板が立てられてて この河川敷の広範な地区が鳥獣保護地区ですが 更に新しい試みがされています。 人工的な自然再生は、明治神宮の森とか 万博記念公園の自然文化園とかでそれなりの成果は上がっているとか。 ここも多様な自然が展開されればいいのですが。 こうやって見晴らしが良くなると 隠れていた野鳥が見易くなったりしてます。 ...

  •  0
  •  0

オオジュリン(大寿林)

鳥を撮りだしてみると 今までスズメが一杯飛んでいると思っていたのが そうではない事に気づきます。 この日、群れずに単独で飛んできたので それと気づきました。 いつものように 日本の野鳥識別図鑑 のお世話になります。 オオジュリン 大寿林、学名Emberiza schoeniclus スズメ目ホオジロ科ホオジロ属 300mmでの限界の距離で ピントも定まらず 動くから見つけられますが やっぱり保護色...

  •  2
  •  0

もも 2017

モモ(桃)が咲いています。 桃は梅と良く似ていて見分けが難しい。 京都御苑では桃林と梅林が分けられていて 現地ではその場では自ずと判るのですが 帰ってきてこうやって写真を眺めていると その違いが判然としません。 ここ迄は間違いなく桃です。 ここから下は梅だとおもいます。 これはサルスベリの樹です。 なんか妙です。 環状に上下が繋がっています。 真ん中が裂けて出来たのでしょう...

  •  2
  •  0

今日の鳥たち 2017 03 09

コガモ ツグミ カイツブリ...

  •  0
  •  0

カルガモをストーカーするアヒル

キリシタン大名・高山右近が城主になった事もある 高槻城 その城跡公園の池 以前は2羽いたアヒルが 何年か前から一羽になってしまいました。 時折訪ねるのですが この日は そのアヒルがカルガモをひつこく追っています。 カモは異種間の交雑が結構あるとは言え まさかアヒルとカルガモは ねぇ。 1羽で寂しくなってるのか 数羽いるカルガモの特定の1羽に ご執心のようです。...

  •  2
  •  0

北野天満宮で梅 2017 02 19

いよいよ梅・桃・桜の時期が ぼつりぼつりと近づいてきてます。 ここ北野天満宮も 梅が少しずつ開花 ここの梅にもメジロが来て 観光の人たちを楽しませてます。...

  •  0
  •  0

紅梅にメジロ 2017 02 16

近くの公園の民家の紅梅 今日もメジロが来てます。...

  •  2
  •  0

御所の梅 2017 02 10

京都御苑の梅はまだ殆どが蕾のままですが 一部の樹で咲いているものが出てきました。 こちらは梅ではない 蝋梅(ロウバイ)。 スズメによく似た シロハラを発見。 人に慣れているのか。 カメラをかまえるとこちらをじっと見てます。 大文字もうっすら雪化粧。 ここにも蝋梅が咲いています。...

  •  2
  •  0