戯れ言葉

TAG PAGE

タグ:鳥  1/8

カルガモとか鳥 2017 07 10

川の土手に丸い小さな窪みがあって スズメ(雀)が作っているようで こうやって砂浴びをしています。 寄生虫除けでもしているのでしょうか カワラヒワが一杯いてます。 近づくとすぐに逃げてしまうのと 小さい鳥なのでなかなかシャープに撮れません! カルガモと遭遇。 親子の様です。 でもみんなもう成鳥の様なので 中・高校生の子供達を抱えたおふくろのように 親が埋もれてしまいそう? なんかそれでも...

  •  2
  •  0

カワセミ(翡翠)十態 2017 06 27

この日はカワセミ君と追っかけっこが出来たので 色々撮れました。 偶然、ハトがよぎってます。 川に飛び込んだと思ったら 小魚を咥えてます。 嘴が大きくて アンバランスな風姿。...

  •  3
  •  0

カワセミ 2017 06 25

久しぶりにカワセミ(翡翠)君に遭遇 真っ青な背中を見せて あっという間に飛び去っていきました。...

  •  6
  •  0

金沢の街

石川県庁舎石引分室 石川県立能楽堂の看板があがってます。 左:加賀本多博物館 右:石川県立歴史博物館 (いしかわ赤レンガミュジアム) 何れも元陸軍兵器庫 導水管 石の真ん中がくり抜かれてパイプになってます。 戦国時代のすごい技術。 長町武家屋敷跡周辺 土塀は整備されそれなりの雰囲気を伝えていますが 建物の殆どは現代の民家でした。 鞍月(くらつき)用水ばた 尾...

  •  0
  •  0

平安神宮の花菖蒲と睡蓮 2017

花菖蒲の蕾にシオカラトンボ ショウジョウトンボ サギが何かを咥えたと思ったら トカゲのようです。...

  •  0
  •  0

ウグイス 2017 04 06

暖かくなってくると あちこちでウグイスの声を聞くことが出来ます。 まだまだ練習中なのか 良く知られているような鳴き声にはなってませんが。 そんなウグイスですが すぐそばの至近距離で鳴いているはずが なかなかお目にかかれません。 鳴いている河原で待っていると 何年かぶりにやっと飛び出してくるのに遭遇しました。 でもじっとしていなくて 付けていた600mmを一杯にズームできません。 その扁平な頭を久...

  •  2
  •  0

カワラヒワ 2017 04 04

カワラヒワを発見 水浴びの最中です。 移動したと思ったら もう一羽いました 羽繕いを始めました。 300mmにテレコンを付けてますが 小鳥にはやっぱ非力です。...

  •  0
  •  0

モズ・キジ・ホオジロ 淀川・三島江野草地区

三島江近くの淀川の河川敷 木々が伐採され、葦も刈られた場所があります こんな看板が立てられてて この河川敷の広範な地区が鳥獣保護地区ですが 更に新しい試みがされています。 人工的な自然再生は、明治神宮の森とか 万博記念公園の自然文化園とかでそれなりの成果は上がっているとか。 ここも多様な自然が展開されればいいのですが。 こうやって見晴らしが良くなると 隠れていた野鳥が見易くなったりしてます。 ...

  •  0
  •  0

オオジュリン(大寿林)

鳥を撮りだしてみると 今までスズメが一杯飛んでいると思っていたのが そうではない事に気づきます。 この日、群れずに単独で飛んできたので それと気づきました。 いつものように 日本の野鳥識別図鑑 のお世話になります。 オオジュリン 大寿林、学名Emberiza schoeniclus スズメ目ホオジロ科ホオジロ属 300mmでの限界の距離で ピントも定まらず 動くから見つけられますが やっぱり保護色...

  •  2
  •  0

もも 2017

モモ(桃)が咲いています。 桃は梅と良く似ていて見分けが難しい。 京都御苑では桃林と梅林が分けられていて 現地ではその場では自ずと判るのですが 帰ってきてこうやって写真を眺めていると その違いが判然としません。 ここ迄は間違いなく桃です。 ここから下は梅だとおもいます。 これはサルスベリ(百日紅)の樹です。 なんか妙です。 環状に上下が繋がっています。 真ん中が裂けて出来た...

  •  2
  •  0