ホーム
 同じカテゴリーの記事
2017 02 21

京都マラソン 2017

京都マラソン
2017年は 17,252人参加だと
大会の速報
20170221001.jpg
京都府立植物園前での
トップの男子と女子ランナーが
最後まで頑張ったようです
20170221002.jpg
沿道では色んな形の
応援が催されてます。
20170221003.jpg
チア部の応援演技がある場所のかんばん
20170221004.jpg
ローアングルに・・
どうしても
なるよ
20170221005.jpg
150mm超の望遠レンズはダメと
仕方なく50mmのパンケーキで
20170221006.jpg
で、違反者がいても
注意したり,取り締まる人は皆無。
規制看板は書いてあるだけ。
動画を回している人も。
こりゃ,竹島の問題と一緒やねぇ。
20170221007.jpg
植物園の中もマラソンコースで
この日は入場無料です。
20170221008.jpg
20170221009.jpg
ペア駅伝という種目が設けられていて
ここがペアの選手のリレー地点なのですが
20170221010.jpg
バトンタッチの早さより
バトンタッチの記念写真かぁ
そりゃそうかも
20170221011.jpg
鴨の河原もコースのうちですが
20170221012.jpg
京都市内を42.195km
スタートとゴールの地点が同じでなければ
結構な距離です。
実際,京都マラソンのコースは
名所巡り的な
なかなかおもしろいコースで
来年は場所で狙ってみようかな。
 同じカテゴリーの記事
 同じカテゴリーの記事
2017 02 17

補聴器アプリ(Android)って その0

動作確認環境
 スマホ:SHARP AQUOS SH-RM02
 OS:Android 5.0.2


 --- 前説 ーーー

 近頃,年のせいもあって耳が遠くなったのと,特に右の耳は高域が聞こえにくくなって来ています。
 健康診断でも軽微な難聴の診断結果が出てまして,
 実際,PC +サウンドI/Fにイヤスピーカ(SONY MDR-EX220LP)を接続し,発振器のソフトで正弦波を再生していくと,ある周波数から広域に従って,音が中央から段々左に寄っていきます。
 つまり,右の耳は左の耳より高域が聞こえなくなっている。
 高域が聞こえにくいと云うことは音の明瞭度や音色を判別する聴力が落ちていると思われます。
 人の話し声がモゴモゴと聞こえる。
 耳と脳は神経が左右逆転しているとの事ですので,右の耳の音を聞いているのは左脳だということですから,左脳の能力:理論や言語の感覚が刺激されていないかも知れません。

 スマホには元々標準でマイクやスピーカ(イヤホンジャック)が付いているものですから,当然補聴器機能のアプリや集音マイクとか盗聴マイク的なアプリがあるんだろうと探ってみました。

 ググってみると検索トップに近いところで下記の記事が出てきます。

時代の変化、iPhoneを補聴器に変えるアプリが登場 ( 2014年9月21日 [最終更新日]2016/03/05)

 書かれている対象機種はiPhone で,私の持ってるのはAndroid でiPhone では無いのですが,とにかく記事はスマホを絶賛です。
 もう補聴器の世界はこのアプリの出現ですっかり塗りかわってしまう的な記述をされてます。
 ネット上の記事では記述日の記載のないものが結構多く出てきます。
 でも,日々更新されていくIT の世界で,記述日の記載されていない記事は頼りになりません。
 この記事は最終更新日が2016年なのでそれなりに新しい記事と言えるんではないでしょうか。
 でも,実際にアプリをインストして確かめられたのかが大いに疑問です。
 その理由をいろいろ書いていきたいと思います。
 ただ私が試したのはAndroid なので,iPhone なら完璧なのかも知れません。

 ネット検索の致命的な欠陥は,検索で出てきた順番が必ずしも信頼性の順番では無いという事です。
 グーグルでもこの辺の対策を最近は進めているようですが。

 さらに検索ページをめくってみると
 下記サイトが見つかりその内容に説得力を感じました。

スマホ補聴器アプリの長所と短所 2015/11/30

 この記事を読むと納得できる内容が沢山あります。
 特にマイクがスマホに内蔵されているが為の欠陥が書かれているので,真実性が高いです。
 私のこれまでの経験では,更に次を付け加えたい。
 決定的な欠陥は
 まず再生音がはっきり解るぐらい遅れる。
 したがって,人と会話をする時は実用にならない。
 次に,補聴器を使用した経験が無いので比べられないのですが
 内蔵マイクは音質が悪いので音楽の試聴には耐えられない。

 色々アプリ(無料)を試してみて結果を書いてみたいと。


To be continued

多分
 同じカテゴリーの記事
 同じカテゴリーの記事